FC2ブログ

等式

ちょっと特殊な愛し合い方をしているわたしたちの記録です。りん子へメール:hosinohadou@yahoo.co.jp
プロフィール

りん子

Author:りん子
りん子^^
エントリー用の画像を。たまにはSMっぽく^^

来てくれてありがとう

コメント(公開コメントのみレスします)

あ…なんかタイムリーな感覚…(笑)

昨日、ネットで予約した新幹線のチケットをみどりの窓口に受け取りに行ったの。
息子とね、チケット受け取ってカウンターのチケットを入れる紙製のケースを取ったら、息子がぼくも欲しい!と、言ったのだけど、これは必要な人しかもらえない。と、答えたら窓口のお兄さんが、「これをどうぞ」と、カウンターに置いてあったのと同じケースを息子に差し出してくれた。息子はにっこり笑って「ありがとうございます」と大きな声で返事して受け取った。わたしがお礼を言うと、前の方に使うために取ったのが余ってしまったのだと言う。でも結果息子は大喜び♪
窓口のお兄さんも満面の笑顔♪

遠慮のない子どもだと思ったけれど、人に親切にされることを知っている「ありがとうございます」だったな。って、思ったの。
わたしに家族に周りに大切にされて、物怖じしないことを知ってる。
嬉しいなって、思ったのよね*^^*

りん子さん小さな子どもに親切にしてくれてありがとう^^
小さな子どもの母親としてでお礼♪

それと同じで悪さをしたときに、知らない大人に叱られることも、とてもよいことなんだよね^^
2011.07.19 Tue l mine. URL l 編集
何と心温まるお話なのだろうか!

りん子さんのお話を聞くと私は十数年前に夏休みを一緒に過ごした姪っ子、甥っ子を思い出してしまう。
近所のスーパーへ買い物に行った時に自分で買ったお菓子を自分でレジに持っていき、自分でお金を払うことをさせた時に緊張して何も言えずにただ商品とお金を差し出してしまった、、
そんな時にレジのお姉さんから「一人でチャンと出来て、偉いね~」と褒められた時の満面の笑顔が今でも忘れられない、、それから後は チャンと「ありがとう」と言えるようになった。

私も機会があれば 知らない小さい子供にちょっとしたことをしてあげたいと思っても、、今のご時世私みたいな中年男性が小学生に何かをするということは
例え私が善意であったとしても子供に対して誤解や緊張を与え将来に危険な目に合わせかねないと思うので、出来ない、、

全く知らない近所の大人からの親切にされたことや褒められたことは子供にとってのいい経験だと思う、 
それはスンナリ出来るりん子さん、素晴らしい(*^。^*)
2011.07.19 Tue l パイパン大好き. URL l 編集
mineさん
mineさん
ああ、ステキなお話ですね。
親切をそのまま受け取れることは、大切にされている経験が素直な気持ちを育んでいるんだよね^^

ところでね。
那智さんとも話していたんだけど、mineさんの姿勢、好きなんだよね。
きちんと『必要な人しかもらえない』と言える。
これも公共性のひとつだと思います。
親が、その線引きをしっかりしているから、他者の親切も際立つのかなとも思いました。

そうそう、他人の大人に叱られる経験も、とってもよいことだと思います。
これのほうがパワーがいるなぁ、でも、できたらちょっとステキだね^^
2011.07.19 Tue l りん子. URL l 編集
パイパン大好きさん
パイパン大好きさん
そうですね。
確かに最近の風潮では、したい気持ちはあってもできにくい状況でもありますね。
なんだかもったいない世の中。
だけど、姪っ子さんや甥っ子さんが経験されたように、お仕事中としてなら親切にしやすいかもしれないですね。
なかなか機会は少ないけど、親切にするチャンスはいろいろあるかも^^

まあ、あの子にとってはなんてことない出来事だったかもしれないけど、親切にすることはこちらが心地よいので、それが実は一番の原動力だったりするから、あんまり褒められたことじゃないですよ〜^^;
2011.07.19 Tue l りん子. URL l 編集

月別(古い順に表示します)

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

那智さんのつぶやき

hosinohadouをフォローしましょう

copyright