FC2ブログ

等式

ちょっと特殊な愛し合い方をしているわたしたちの記録です。りん子へメール:hosinohadou@yahoo.co.jp
プロフィール

りん子

Author:りん子
りん子^^
エントリー用の画像を。たまにはSMっぽく^^

来てくれてありがとう

コメント(公開コメントのみレスします)

大人の醜悪な側面。
先週、会社の嘱託社員のおじさんが辞めた。
部署は違ったけど同じフロアで働いていた。
確かに仕事の把握のできない、いつもフォローの必要な人だったし、いつかは自分の失敗で辞めてしまうかも?と思わせる危なっかしい人だったけど、辞めた直接の理由はいじめだった。

仕事ができないことは確かに同僚の足を引っ張ることになる。だから、注意したり指摘するのは必要なことだ…でもそれと相手を嘲笑したり人間性を否定したり傷つけたりするのは違う!何度も主犯格のチームリーダーに意見したけど、大人と言うのは狡猾で始末が悪い。

自分達の行為を正当化する言い訳に終始するだけで、次第にうるさいわたしの前では、嫌みを皮肉や嫌がらせをしなくなった。

でも陰では…うるさい人間がいないところでは堂々いじめをしてたんだよ。

結局おじさんは辞めてしまった。
このチームリーダーの意識変革をしないと、ちょっと仕事ができなくて気の弱い人がきたらまた同じ、わたし達にとって劣悪な職場環境になってしまう。

わたしにはそう会社に訴えるしかできなかった。

もっとわたしがすべき最良の方法があっただろうと思うと悔しい。

いじめはどこにでも氾濫している。
ひとりの力は及ばなくても、りん子さんの言う卵側が協力しあえばなんとかなることもあるかもしれない。

いじめに関しては孤軍奮闘は潰れていくだけだ、助けるために大きな声をあげられる仲間が必要だと思う。
2012.09.16 Sun l mine. URL l 編集
mineさん
一連のいじめ事件でたくさんの著名人や一般人が『いじめ」について語っていました。
その中で、いままであまり目にしなかった『いじめを見ている子』に向けたものが割りとありました。
それを見たとき、なんだか、つらかったな、ああ、こんなことまで子供に伝えないといけなんだって、それくらい環境はよくないのだなって。
ただ、いままで見過ごされがちだった部分にスポットが当たるのはいいことですよね。

『見て見ぬふりは同罪』とか『先生に相談しよう』とか、本当にたくさん見てきた忠告の他で、ちょっといいなと思うのがありました。(ブックマークしてなかったのが残念)

いじめられている子がいたら、その子に『ありがとう』って言える機会をたくさん作ろうって。

いじめられている子と仲良くする勇気はなくても、たとえば、その子のそばで消しゴム忘れちゃったことにして借りるの、で『ありがとう』って返す。
その子に対する『ありがとう』がすこしでも増えれば、同じように見ている子やいじめの主犯じゃなくて加担している程度の子も『もしかしてアイツいいヤツ?』と意識できるようになって、いじめていることが楽しくなくなってくるんじゃないかって。

とても理想の話かもしれないけど、この意見がわたしは好きだったです。

mineさんの職場は大人の環境だから子供のそれとは質が違うかもしれない、でも、この話を思い出しました^^

2012.09.18 Tue l りん子. URL l 編集

月別(古い順に表示します)

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

那智さんのつぶやき

hosinohadouをフォローしましょう

copyright