FC2ブログ

等式

ちょっと特殊な愛し合い方をしているわたしたちの記録です。りん子へメール:hosinohadou@yahoo.co.jp
プロフィール

りん子

Author:りん子
りん子^^
エントリー用の画像を。たまにはSMっぽく^^

来てくれてありがとう

コメント(公開コメントのみレスします)

りん子さん、初めまして。

同感です^^
「ありのまま」を容認し合うことがいかにも美徳って感じの文章を見かけますが、私も、そうかなぁ?って思うクチで。

私にも、「彼」がいるのですが、彼の前では、私が理想とする「イイ女」で居させて貰えるので、最高に幸せを感じています。
2015.06.26 Fri l すぴか. URL l 編集
Re:
すぴかさん

はじめまして、ようこそおいでくださいました♪

ご理解いただきうれしいです!!
ね、人によっては、ありのままの姿を見せられていると思えて、それで幸福に思えている人もいるかもしれないですけど、わたし鼻ほじほじを見せても幸福には思えそうにありません(笑)

好きな男の前で「いい女」でいられる。
「いい女」で居続けることができるのは、それが気持ちいいし、いい女でいさせてくれる彼の魅力もあるのかなって思いました(^-^)

不定期更新になりましたけど、よかったらまたいらしてくださいねー!
2015.06.27 Sat l りん子. URL l 編集
わたしは那智さんと一緒にいるときの自分が好きなのだ。


これこれ!ここの部分、大切ですよね。
2015.06.27 Sat l あこ. URL l 編集
Re: タイトルなし
あこさん

でしょーーー^^
きっと、こっちのほうが気持ちいいと思うんだよね^^
2015.06.29 Mon l りん子. URL l 編集
ありのままと言うより
「その人にだけは安心して出せる部分」
なのかなーとこのエントリをみて思いました。

実際問題
通行人Aとかなら兎も角
お食事やお茶などに他の人が同席とかなると
多分私は「暁さんの前の灯里」じゃなくて「通常営業の灯里」にマルッと変わる気がします。
外野がいるとダメなんですよねーw
2015.06.29 Mon l 灯里. URL l 編集
Re: ありのままと言うより
灯里さん

たしかに、ふたりだけでいるときと同じものはふたりだけのときにしか作れないよね。
わたしの場合は特に性的な部分において、そこは顕著だなと思います。

ただ、わたし、那智さんとふたりのときもかなりぶりっ子してまして(笑)ぶりっ子っていうのは案外神経使うわけで(笑)じつは友人と一緒にご飯なんてときと大きく違わなかったりします(笑)
でも、そのわたしが好きなんだなぁ。

灯里さんはね、きっと暁さんといると本当に緩められるのでしょうから、ふたりだけで味わえる『灯里さん』を飽きるほど味わってほしいなーと思います(^-^)
2015.06.30 Tue l りん子. URL l 編集
りん子さん、はじめまして。等式、少し前から気まぐれに読ませて頂いています。

私たちは、少し変わった主従関係を築いていて(普段は恋人で、時々主従)、そのこととか諸々迷ってる最中に等式を見つけました。りん子さんも那智さんも、私やパートナーと全然違うかた達だし、当然在り方も私たちとは全く違うのに、なぜかすごく憧れの気持ちを持ちました。

その憧れの理由が、りん子さん那智さんの関係を、きちんと理解できてないかもしれないのにこう言うのは失礼ですが、「ありのまま」だからだと思うんです。というより、ありのままで幸せに見えるから、だと思います。
いろんな葛藤とか、嫌な気持ちとか、きっと恥ずかしくて見せたくない部分とか、そういうのもさらけだしてお二人の関係を築いていらっしゃる。それを、私はありのままだと感じ、羨ましく思い、そして、私たちは私達の関係を見つければ良いんだと思えるようになりました。
りん子さんと那智さんの関係は、私にすごく勇気を下さいました。

それと、エントリーから少しずれますが、りん子さんが悩んだり苦しんだり泣いたりされながら那智さんと進んで行かれる姿は、私個人としても勇気を頂いています。私、嫌な意味のプライドが高いんです。劣等感も。惨めな姿を見せたり、ということに恐れを感じます。けれど、(失礼でごめんなさい!)りん子さんはきっと大好きな人に見せたくない部分にも向き合い、那智さんにも見せて、前へ進んでいらっしゃる。それが、なんというか...みっともない、それこそ最低な自分でも、見せて良いんだ、知ってもらうことでスタートできる、変われるんだと思えるというか。もちろん、私のパートナーは私にとってかけがえのない、最初で最後の生涯の相棒だと互いに思っています。それでも、怖かったんですけど、等式のお陰で今、少しずつ踏み出せています。

長文ごめんなさい。それと、失礼な部分があったら本当にすみません(>_<)
2015.08.06 Thu l ハル. URL l 編集
Re: タイトルなし
ハルさん

はじめまして、ようこそおいでくださいました♪

生涯の相棒ってステキな表現だなって思いました。
そんな方からコメントをいただけてうれしいですし、もし何かのヒントになれば光栄です。
いろいろな種類のエントリーがありますのでマイペースで楽しんでくださいね!

わたしはもともとマゾ的な性癖を持っていて、奴隷に象徴されるようなものに憧れを抱いていましたが、那智さんの考えに沿うように何かの形に当てはめることに意味はないと(最近やっと 笑)思えるようになりました^^
誰かが作った既存のものではない、自分たちだけの関係であるほうがずっと自由だし、ホントにほしいものが手に入るのではないかと思います。
(『主従』という形に当てはめることで自由を感じる人もいるの思うので、それは否定しません^^)

生涯の相棒はまさにハルさんたちだけのものに感じます^^

葛藤や嫌な気持ちを表に出すことは勇気がいりますね。
嫌われなくないし、相手にも嫌な思いをさせたくない。
でも、この人とは誠実に付き合いたいと思うほど、それらは伝えるべきものなのだろうなと思います。
わたしたちの場合は、そこに『互いに悪意はない』『相手に優しくありたい』という根底の共通認識を持って、伝えるようにしています。
そうすると、嫌な気持ちを伝えるとしても言葉選びなど工夫できるから無理なくできるように思います。

それが性的な場面のことであっても同じ共通認識でいるのですが、恥ずかしい姿やみじめな姿を受け入れ、晒す勇気はなかなか持てるものではないですよね。
わたしも何度も自己嫌悪に陥り、揺り戻しで那智さんに話しを聞いてもらいました。

やはり、そこにも『相手に悪意はない』という認識があれば、みじめな姿も愛してもらえるという意識を徐々に持てるように思います。
(SM的行為って『蔑む』場合が多いから、蔑むと愛してもらうの矛盾が生じちゃうんですよね、だから、わたしたちの場合は『可愛がるSM』なんていって矛盾しないようにしています^^;)

ひとつ大事なことがあって、わたしもかなりプライドもあるし羞恥心も強いので、恥ずかしい姿を晒すのはハードルが高かったのですが、根底にマゾ的嗜好があり『みじめな自分に興奮する』種のようなものがありました。
だから、ものすごく抵抗感があっても、どこかでそれを望んでいて、那智さんに叶えてもらっている側面もあるのです。

ハルさんにもその嗜好があれば、よいのだけど、もし違うようであれば、性的な場面でみじめな自分を受け入れることはなかなか大変そうな気がしますので、パートナーさんとゆっくり進めていかれるといいなと思います^^

わたしこそ、的外れなことを言ってしまっているかもしれないですね^^
ハルさんは失礼なことなどひとつもないので安心してください。

悪意なく、です^^
よかったら、これからも『これ!』と思うものがあったら、コメント大歓迎です^^

よろしくお願いします♪

2015.08.06 Thu l りん子. URL l 編集
遅くにごめんなさい。
りん子さん、夜分にすみません。そしてお返事ありがとうございます。

私たちは、どちらも相手を尊重しようとして自分を軽んじる悪癖があります。特に相棒は本当に酷いです。それじゃ駄目だと二人で頑張ってるけど、簡単には変われなくて色んな時に何度も壁に激突をくりかえしています。

その中で、私が抱える嫌なものに気付きました。嫌な意味でのプライド、劣等感、可愛いで済まないワガママ(というか感情の制御ができない)などです。
相棒は呼吸するように我慢を続けては自分を傷つけるから、本当は我慢させたくないんです。でも相棒の好きなものは私が嫌い。独りにされて寂しいからです。待っている間に寂しくてイライラして八つ当たりしてしまい、それでまた我慢させてしまう。今日読んだ中で、本当の気持ちを伝える重要さが書かれた記事がありました。これだと思いました。イライラは二次的な感情。八つ当たりしながらもそれが嫌で悲しくなるのは、相棒を傷つけるための言葉を吐いてるからだと。

でもそれだけじゃなくって、私の中に、多分すごく醜くて嫌な私がまだいるってことも気付きました。自尊心とかの源はそこで、それをまず自分が理解し、相棒に伝え改善していかないとならないと感じました。でも、恐ろしいです。SMでは、無様な所を見られるのは平気だし、それを蔑まれることに強い快楽を得る私ですが...日常で汚い嫌な自分を見られるのはとても怖い。
それでも、私たちには必要だから、また相手を信じ委ねる勇気をもらいに、等式にお邪魔します。

ああ、何を言いたいんだかぐちゃぐちゃになってしまいました。長文、乱文をお許しください。
2015.08.07 Fri l ハル. URL l 編集
Re: 遅くにごめんなさい。
ハルさん

ハルさんのコメントを読んで思い浮かんだことをお返事にしますね。
わたしたちのことなのでコメントのお返事になっていないかもしれないし、的外れかもしれないけど^^;

わたしもええかっこしいである意味プライド高いし、意地悪だし、ずるいこと考えるし(笑)
ぜんぜん良い人間ではありません。

那智さんにも「りん子は性格悪い(笑)」といわれたりもします^^;

那智さんに対しては、『一瞬湧く悪感情』(カチンと来るとか、ムッとしてヘソ曲げそうになるとか)があったとしても『互いに悪意はない』前提に立てるようになれているので、いまはもうほとんどその気持ちを沈めることができていますが、それまではやはり気持ちの持っていきように困ることもありました。

で、、そんなとき、わたしはどうしていただろうと思い返してみました。
たぶん、わたしは悪感情を『お話し』しているんです、『ぶつける』のではなくて。
ニュアンスのことなのでご理解いただきにくいかもしれないけど。

これには主にふたつのやり方がありまして。

ひとつは、エントリーにもなっているけど、わたしはできるだけ『優しいほうを選ぶ』ようにしています。
那智さんのおしっこを飲んだとき、『まずい』と感じても「飲みにくかった」「今日は苦手な味だった」と表現を柔らかくします。
このように、いくつか選択肢があれば優しいほうを選びます。

それと、悪感情はできるだけ時間を置いてから話します。
その場では『悪意はないのだ』と一旦治め、時期を見て「あのときの◯◯は悲しかったです」というよに話します。
(これは数日、数ヶ月先の場合もあるけど、1分後でもありです^^)

一旦治めることで、ぶつけずにお話しできます。

このふたつを無意識に意識してきたように思います。

だからね、もしかしたら、ハルさんが思うほど『ありのまま』ではないかもしれません^^
感情ぶつけてないから^^;
ただ、ありのままがあるとするなら、わたし(たち)のそれは『相手に優しくしていたい』ことかな。

たとえば、プライドが邪魔をして素直な気持ちが言えないようなことがあるとしたら、わたしだったら、優しい表現を選び、一旦治めてから「本当は◯◯だと思っているんだ」と伝えるようにするかな〜。

と、以上が思い浮かんだことです^^

ハルさんの伝えないといけないと感じている醜い?感情も、どうしたら相棒さんに『良い形』で伝えられるか工夫できたらいいですね^^
何かお役に立てるなら、どんどん『等式』使ってくださいませ〜^^
2015.08.08 Sat l りん子. URL l 編集

月別(古い順に表示します)

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

那智さんのつぶやき

hosinohadouをフォローしましょう

copyright